« はじめての沖つり<準備編> | トップページ | アジ五目 »

2004.03.08

はじめての沖つり<実釣編>

2004年1月12日(月) 金沢八景 新修丸でカサゴ釣り。  [中潮 曇り 2.6℃<->7.7℃]
kasago.jpg

新修丸さんの出船は7時30分。余裕を持って6時到着。ここまでは予定通りだ。
受付も無事クリア。ビギナーであることをアピールするため、受付のおばちゃんに「カサゴ釣りも、船釣りも始めてなんです」と、大きな声で周りに聞こえるよう宣言。これで、少々手間取ってもきっと許してくれるだろう。。

早速船に乗り込み、周りを見ると常連さんばかり。「ビギナーですがよろしく」と挨拶をしながら道具の準備。
今日の天気は良いとのことであったが、昨日は荒れていたようで風が残っているのか、釣り場に着くまで結構ゆれる。最初の釣り場は本牧沖合い。それも堤防のまん前。仕掛けを放り込むけど、堤防釣りの人と顔を見合わせながら釣る姿って、結構へんかも。なんて考えながら、ふとお隣さんを見ると、、なんともう釣れている。凄過ぎる。右も左も釣れてる、、ちょいと食い渋ると船長、すぐに船を移動。。。おーい、私んところはまだ一匹も釣れてないよぉ。(泣)。アタリはあるけど釣れない。なんで。。なんでぇ。。。と一人でパニック。
そこへお隣さんが寄ってきて、「このえさの付け方じゃだめだよぉ」と教えてくれた。サバの切り身が餌なのだが、餌を針で縫うように付けていたのがいけないらしい。私の勝手な解釈で、餌がより取れにくいだろう。って考えていたのだが、水中で回ってしまって駄目だそうだ。ほんのちょいと引っ掛けるだけが正解。
出船して1時間。やっと1匹ゲット!(おとなりさんすでに8匹!)
船長も横目で私が釣ったのを確認して、大物ネライに場所移動。今度は第三海堡近辺。この第三海堡とは昔の要塞跡なんだそうだが、よくもまあこんな所に作ったよ。
ぽつぽつ、カサゴが釣れてはきたけどロッドが硬すぎて、今一釣り味が面白くない。
が、、、ぐぐうーんと来た来た、大きなアタリが。。うぁーお今までのカサゴと全然違う引き味。船長さんも首をかしげていたけど上がってきたのは型のいいカサゴ!なーんと。30Cmオーバー!!尺カサゴだぁ!!!!
周りの人もびっくり、照れくさかったので言いましたよ「いゃービギナーズラックです。」てな事をね。
今年に入って初の尺カサゴだったようで、記念写真まで撮ってもらっちゃいました。
その後、27Cm級も交じり最終的にカサゴ10匹ゲット。無事はじめての沖釣りは終了となりました。

今回の教訓と反省。
・長靴⇒寒くて足先がかじかんだ。靴用の中敷きホカロン必須。
・お道具入れ⇒移動中にけっこう波をかぶった。きちんと防水加工されたものが必須。
・適当にチョイスしたロッドが失敗⇒ロッド全体が硬すぎで面白みが無かった。穂先の柔らかいロッドが必須。

040112_010.jpg

|

« はじめての沖つり<準備編> | トップページ | アジ五目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめての沖つり<実釣編>:

« はじめての沖つり<準備編> | トップページ | アジ五目 »