« カサゴ釣り | トップページ | 都立大 あくね »

2004.03.19

アジビシ

2004年3月13日(土) 新山下 打木屋でアジビシ釣り  [小潮 晴/曇 6.1℃<->15.5℃]

最近、沖釣りへ行きたくなるパターンが見えてきた。1週間は我慢できるのだが、2週間あくといてもたっても居られない状態になるようです。平日でも、天気がいい日には、うずうずしてきます。

今回は奥さんのリクエストもあって、食味の良いアジ。前回オデコ状態だったビシアジ釣りに再挑戦としました。
前回お世話になった洋征丸さんに確認したところ、土曜日は予約で満杯。日曜日はあいているようだが予定が入っているし、、、うーん、残念。(そりゃそうだ、もっと早くに予約入れないと。。)
そういえば、「都立大 あくね」のオヤジがいつも行っている船宿も、アジビシやっているって言ってたな。(あくねオヤジはそこで47Cmの大アジを釣って、自己記録更新に燃えているそうだ。)って事で今回は、あくねオヤジ推薦の横浜にある「新山下 打木屋」に決定。早速ホームページをチェック。
なかなかオシャレなホームページ!ますます期待感が高まる。

翌朝5時30分出発。打木屋さんへは30分で到着。さすが横浜は近くて良いや。(^^♪
しかし、こんな所に釣り船屋さんがあったとは。釣りを始める前には気づきもしなかった。
打木屋さんの印象は、ホームページのせいか、都会派イメージで近代的な船宿さん。って感じだったのだが、おー、これほどイメージのギャップが激しいなんて。感じの良いおばあちゃんがいるとってもアットホームな船宿さんでした。
DSC03664.JPG

釣果が良くなくて、しばらくアジ船は出ていなかったからか、土曜日だというのにガラガラ。
今回、ワタシの座った側は、 みよし1名、とも1名、胴の間のワタシと3人だけ。初心者のワタシにとって、今回はまるで天国のようです。
7時30分出航。横浜港を後にして、ベイブリッジの下を通り抜け、うぉぉーここがかの有名な「沖堤防」か、思ったより小さいじゃない。。ひとりで興奮状態です。
DSC03669.JPG

釣り場は観音崎沖の航路あたりだとの事。前回のカサゴ釣りと同じような釣り場のよう。しかし金沢八景からは近かったけれど、横浜港からは結構遠い、片道40分。

釣り始めて1時間、ポツポツ型の良いアジが釣れてくる。10時の時点で8匹。困った、この調子で釣れ続けたらクーラーに入らなくなる。。てな不遜な事を考えていたからか、その後ピタっと釣れなくなる。(T_T)
3時間近くあちこち移動するにも全くアタリが無い。お隣さんと色々話に耽る。
お隣さん曰く「相模湾のアジより、このアタリのほうが数段ウマイよ。」フンフンそれは楽しみだ!

沖あがり少し前からポツポツまたまた釣れ始め、最終的には25Cmを中心に13匹。今回、外道は一匹も釣れなかった。ワタクシ的には何が釣れるか分からない外道が結構楽しみなんだけどね。

打木屋さんに戻ってメバル船に乗っていた人の話しを聞くと、結構釣果が上がったそう。
今度はメバルに挑戦!と決意したのでした。
また、東横線<みなとみらい線>中華街駅から徒歩5分なんだって。こんな便利の良い船宿さんうまく利用しなきゃね。

今回の教訓と反省
・取り込みは慎重に⇒3回バラシをしてしまった。そのうち一回はかなりの大物の気配!だっただけに残念。
こんな時は電動リールに頼らず、手動で巻き上げるべきでした。

DSC03673.JPG

|

« カサゴ釣り | トップページ | 都立大 あくね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジビシ:

« カサゴ釣り | トップページ | 都立大 あくね »