« 都立大 あくね | トップページ | エビメバル »

2004.03.29

東扇島&ちどり公園

2004年3月27日(土) スズキ狙い  [中潮 晴 4.3℃<->16℃]

今週は釣りはお休みと自分に言い聞かせゆっくり朝寝坊。が、喉の腫れもすっかり引いたようで朝、目覚めると調子が良い。
とっても天気がいいし釣り日和だよな。って事で休養宣言を自ら撤退し、久しぶりの東扇島へ釣りに行くことにした。
レッツゴー!東扇島!でチェックするとフッコがかなり入ってきているらしく、スズキクラスも結構釣れているようだ。
今まで小物狙いの釣りしかしていなかったので、スズキを狙い期待に胸を膨らませて、娘と釣りに出かけた。

いつもの釣りエサ勇竿で情報収集。おやじさんに「スズキを釣りに来たけどどんな具合?」って聞きたかったのだが、さすがに大口たたくのも恥ずかしくて「フッコが釣れてるらしいけど、どんな具合?」(スズキとフッコの違いはココで)と尋ねてみた。
どうやら東京湾側、それも五十○倉庫前が良いとの事。極太の青イソメを調達して現地に向かう。
そもそも釣りにはまりなおした時以来、ほとんど週末は東扇島に通っていたのだけれど、さすがに冬場になってからはオデコ続き。それが悔しくて沖釣りに通うようになったため、東扇島は3ヶ月ぶり。東京湾側は初めての釣行です。

夕方、五十○倉庫前に陣取ってダメモトのカレイ狙いの投げ釣り、フッコ狙いのウキ釣りを開始。周りの方に釣れているか聞いては見るが渋い状況のよう。
竿を入れて30分もしないうちに、大型船が入るので場所を移動するよう、係りの方から注意を受ける。
風が結構出てきているのと、海面まで結構高さがあるので子供連れにはちょいと怖かったこともあって、場所移動を決意。
そういえば、ちどり公園もフッコ、メバルがつれる穴場だと雑誌に書いてあったな。って事で、東扇島を撤退して運河を隔てた反対側のちどり公園に移動。
ここも初めての場所なのだが、ちょっと周りの雰囲気が悪い。しかも野良猫がいたるところに巣くっている。うーん違った意味でちょっと怖い。

海側は危険防止のフェンスもあって、ファミリーには良い場所かもしれない。そろそろ夕まずめの時間帯だというのに、、、、誰も居ない。。土曜日だというのに。。不安が胸にやどる。が、移動もつらいので竿を出す。
日も暮れたころ、ルアーマンのお兄さんたちがやってきて、釣りを始めたようで一安心。
しかし。。。釣れない。アタリも無い。8時も過ぎて猫が周りにたむろって居るだけ。
夕まずめも過ぎたし、子連れということもあって、あきらめムードで撤収をはじめた。
投げ竿をしまい、仕掛けをしまい、あまったエサは海に返して、最後にウキ竿をしまおうと思った瞬間、ガンガンというすごい音と勢いでフェンスに立てかけていたロッドがはじけはじめた。なにが一体おきたんだ。とパニック状態でウキを見ると水中深くに電気浮きが引き込まれている。うぉー。本命だぁ!と、あせって竿を立てたとたんに仕掛けがぶち切れ。あぁーやってしまった。ドラグがちゃんと調整されてなかった。ガクー。
やっと時合がきたんだ気を取り直して再挑戦!と思った瞬間。あぁああ、さっき極太イソメ海に返したよぉ(泣)。
娘に「お父さん、ついてないね。また今度がんばろうよ。」と慰められ、リベンジを誓って帰途についた。

・・・・・ここまで踏んだり
しかし、蹴ったり。が待ち受けていた。

さて、駐車場に荷物を積んで、さて帰るか。。。。。あれ?駐車場出入口にポールがたってる。あれれれ、出れない。
親子ともども真っ青!ここの駐車場も時間制限があったんだ。ちゃんと入り口で確認取ればよかった。
よくよく見ると、一番端のポールと生垣(?)の間が何とかクルマ1台分くらいあいている。(というか、過去に何度も無理やりクルマが抜け出た気配)
なんとか抜け出して、ホントの帰路に着いたのである。

今回の反省と教訓。
撤収時⇒最後の最後にタモとエサを片付けましょう。
初めての駐車場⇒ちゃんと時間を確認しましょう。
逃がしたサカナは大きい

|

« 都立大 あくね | トップページ | エビメバル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東扇島&ちどり公園:

« 都立大 あくね | トップページ | エビメバル »