« 初イサキ&マルイカ決定 | トップページ | すえじ丸 ムギイカ爆釣 »

2004.06.07

イサキ&マルイカ 土砂降り

6月6日(日) 長井漆山 すえじ丸でイサキ&マルイカ [中潮 雨 21℃<->23℃]
(ロッド) ダイワ リーディング XA-73Ⅱ  (リール) アブ アンバサダー 5600D5 PE2号100m

天気予報は雨。そういえば前回マルイカ釣りも大雨だった。いやな予感がした。

今回の仕立船は乗合船よりも1時間早い5時出船という事で、長井漆山港に着いたのは朝4時。そのときはまだ雨も降っていなかった。
ここのところ、天気予報は次から次へと外れているし、雨が降ったとしても、たいしたことは無いかも。なんて淡い希望を抱きながら船に乗り込む。
最初のポイントは港からすぐ近く。最初の2時間は、まずイサキ狙いだ。
なんと早い人は1投目から、小さいながらもイサキがヒットしている。
これは期待できるぞ。と意気込むが、ワタクシのところには豆サバの入れ食いで、本命のイサキはなかなか顔を見せてくれない。
棚が合っていないのか、と指示棚よりも広い範囲で探っているうちにやっと本命!初イサキが顔を出してくれた。ウリ坊だがイサキには違いない。
その後はイワシや豆サバは釣れるが、本命はあがらずあっけなく時間切れ。

気を取り直してマルイカへと臨むが、このころから本格的に雨が降ってきた。
前回とほぼ同じ城ヶ島近辺へとやってきた。
雨の中、周りの方々は次々とマルイカを釣り上げている。
シャクリ方が悪いようでワタクシは釣れない。船頭さんより「小魚をイメージしてしゃくるんだよ」とアドバイスをもらうのだが、どうもうまくいかない。
周りの方のしゃくりを盗み見するが、直結仕掛けに、中オモリ仕掛けの「たるませ釣り」とみんなシャクリ方が違う。
周りの方がいろいろレクチャーしてくれたり、励ましてくれたり、期待にこたえたいのだが、大雨の中、指先はふやけて気持ちもふやけて、テンションさがりっぱなし。
やっと明確なアタリが出てきたが連続3回バラシ。イカ角に残るスミの痕跡をみながら『へたくそ!』と自分に責める自分が、空しさに輪をかける。。。
このまま、オデコだ。と諦めていたときに何とか1杯ゲット。『こんな、へたっぴなワタクシに釣られる君って・・・』

反応が無くなったようで、あちこち移動をするが残念ながら1時沖あがり。
帰港途中、お隣さんに、まだ初心者だと話すと「いやーマルイカはムズカシすぎるんじゃない?スルメイカが最初はいいですよ。アタリも大きいし乗り方も分かりやすいし。」との事。

帰港してすえじ丸のおかみさんから、暖かいコーヒー、おしぼり、お土産のワカメを頂いた。話を聞くと乗合船では本日ムギイカが束釣り(100杯以上)爆釣だと連絡が入っていた。
『よし!次回はムギイカだ!!』と、懲りないワタクシは思ったのであった。


イサキ×1 マルイカ×1 イワシ×3

|

« 初イサキ&マルイカ決定 | トップページ | すえじ丸 ムギイカ爆釣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イサキ&マルイカ 土砂降り:

« 初イサキ&マルイカ決定 | トップページ | すえじ丸 ムギイカ爆釣 »