« めだか釣り&きんぎょ釣り | トップページ | 赤、青、金、銀、茶。五色達成!「あくね仕立船」 »

2004.10.12

10月12日の釣り徒然

◆モンスターマゴチ!
ついに釣ってしまいました。って、ワタクシでないよ。
それは言わない」管理人、首振り1号さん!!おめでとう!!!69センチのモンスターマゴチ
最高の引き味を味わったことでしょう!
しかし写真で見ると、デカイ!刺身も一杯取れてるし、うーん、お見事!唸るしかないです。
ワタクシも予感が当たって嬉しいぞ(^^♪

◆「お見事!マゴチ」追記

この釣行に関して「わはは」タカギーさん版。そして『やまや』さんの釣行記も「チアキ」さんのサイトに掲載された。みんなの立場で読んでみると、『あの時はそうだったんだ』、とか、『フーン』とか『なるほど』と言ったように、なかなか楽しく読めます。
で、ワタクシのを再読してて気が付いた。「げげげげ」重大な事を書き漏らしていた。関係者の皆様(やまやさん&タカギーさんね)にお詫びしつつ、追記させていただきます。(本編修正済み)

【追記】
沖あがり30分前。本牧近くまで戻り、そこで本当のラストチャンスを迎える。
ワタクシは完全あきらめムード。
支給されていた「ハゼ」も元気が無い。ここは一発とタカギーさん、やまやさんに声をかける。
「スミマセン!特エサの釣りたてハゼを分けてもらえませんか?」。
二人が夜を徹して釣り上げた元気一杯の『ハゼ』を快くわけて頂き、ムスメとワタクシの仕掛けに付け替えることにした。

中略

アタリは分かったのか?と聞くと、「なんか船釣ったのかと思った」と訳の分からん表現である。
さすがは特エサ!お二人に感謝しつつ、気持ちよく沖あがりを迎えた。

◆スジ
同じく、首振り1号さんネタ。彼女の釣行記でよく出てくる「スジ」よく考えると、東京サでは使わないね。
そう、俗に言う「糸」の事です。道糸、ハリス、まとめて「スジ」とか「スジ糸」とワタクシの田舎でも呼んでおりました。あぁ懐かしい言葉!

◆「はははは」キリ番
「7777」のキリ番はどこかに行ってしまったみたいで、「8888」キリ番が出てました。はい、またしても「わはは」管理人さんが踏みつけて くれたようです。よほど相性がいいのでしょうか?これでまた『芋』を飲む口実が出来て、ワタクシも嬉しいぞ!

◆風邪
風邪を引いたのがやっと抜けたようです。しかし、今年の風邪は長引きました。
そういえば、子供の頃、夏に体をよく焼くよう奨励されていた記憶があります。理由は「風邪を引かなくなるから」。
今考えるとこれってなんだかおかしいのですが、このような事を言われていたのは、ワタクシの田舎だけだったんでしょうか?

|

« めだか釣り&きんぎょ釣り | トップページ | 赤、青、金、銀、茶。五色達成!「あくね仕立船」 »

コメント

>糸、ハリス、まとめて「スジ」とか「スジ糸」とワタクシの田舎でも呼んでおりました。

船でオマツリすると「このスジの人、もっと出して!!」って話になるのでしょうか。ちょっと任侠系が入って聞こえますぅ。

また近いうちに飲みに行きましょう!
「釣りワラサ」を肴に芋焼酎を飲むのもかなりの魅力です!
そうそう、釣れてますねワラサ。わはは~。

投稿: タカギー | 2004.10.14 15:12

<正しい使い方>
ワラサ!楽しみやねぇ。ぶっといスジィ巻いとかんと、ブチ切られるでぇ。

<正しい芋焼酎の飲み方>
あー、やっとおでんの季節がやってきた!ワラサの刺身に、鯵のつみれ!ついでにスジ(注。お肉ね!)も行っとくか!
芋は当然、お湯割ね。

投稿: とく | 2004.10.14 22:52

仕事中にこんなレスを付けるのもなんですが、「芋焼酎のお湯割りにおでん」想像しただけでヨダレが出ます…。
でも、熱々のおでんを肴に芋焼酎の水割りや冷酒も捨てがたいです…。
出来ればそばに若女将(美人・色白・和服が似合う・30代・バツイチ・うなじがキレイ)がいてくれたら毎週通います…。
そして優しく「ターさん…」なんて呼ばれたら私は間違いなく逆上するでしょう…。

さあ、仕事すっか…。わはは。

投稿: タカギー | 2004.10.15 15:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月12日の釣り徒然:

« めだか釣り&きんぎょ釣り | トップページ | 赤、青、金、銀、茶。五色達成!「あくね仕立船」 »