« 1月28日の釣り徒然 | トップページ | 2月3日の釣り徒然 »

2005.01.30

リベンジ!鬼カサゴ

1月30日(土) 南房総太海 聡丸 フラッシャーサビキ五目& オニカサゴ [中潮 晴 8℃<->14℃]
(ロッド) シマノ バンディット TYPE IV S-210  (リール) ダイワ ハイパータナコン400BDe PE5号300m

鬼カサゴの鍋が喰いたい。

釣り雑誌での鍋特集や人伝手に聞いた『鬼カサゴはウマイよぉー。』って話。もうワタクシの中では、 「鬼カサゴ=鍋」という図式が出来上がっており、 そこまでして釣り人を唸らせる究極の鍋を、何が何でも食べたいとずっと考えていたのである。

釣ったどー!本来なら新年会でウマイ 鬼カサゴ鍋を皆で囲む予定であったのが、肝心の鬼カサゴが釣れず残念ながら流れてしまった。
 その折、酔っ払った勢いで『何が何でもが釣りたいー!』、 『大物狙いの南房でリベンジだー!』
と声高々にリベンジ宣言を行ったのである。
そんなワガママをほざくワタクシにお付き合いいただけたのが、なーたんさんちはるさん、シドさん。 そして風邪を引いて体調を崩しているにもかかわらず駆けつけてくれたハルさんである。

今までの沖釣りの中で最も朝が早く、家を出たのは夜中の1時30分。途中シドさんをピックアップし海ほたるにて、 ちはるさんと待ち合わせるが、毎度のように待ち合わせがうまくいかず(このエピソードも後日ね。) バタバタと太海に着いたのは4時30分に近い時間であった。

現地に到着したが真冬だと言うのに妙に生暖かな風が吹き荒れており、 駐車場から見える防波堤にはスゴイ勢いで波が打ち寄せられていた。
『スゴイ風だね。今日は船は出無いんじゃないのぉ?』
『せっかくここまで来たのにねぇ。』
『聡丸が出なければ、このまま東京湾でタチウオ行こうか??』
などと皆で不安になりながらも話をしていた。

時間ぎりぎりになって、聡丸は出船することを決めたようで、一抹の不安を残しながらも乗船することが出来たのである。
ハルさん、熱があるのに釣り!ちはるさんいわく、海の上はウィルスが居ないから風邪に良いとさ。ホンマ??
右舷オオドモにはなーたんさんが、左舷ミヨシから、シドさんちはるさんハルさん、 そしてオオドモにワタクシが着座することとなった。

ミヨシの大揺れをジェットコースターみたい!と嬉々として喜んでいるシドちゃん。
慎重に慎重を期するかのように、強風の中ものすごくスローなペースでポイントに向かい、最初はフラッシャーサビキ(Fサビキ) を使った五目釣りが始まった。

しかし、このFサビキ。扱いが大変である。
最初こそ若船長が仕掛けを投入してくれたのだが、7本針に長いハリスと言うこともあいまって、2度目から自ら投入を試みるも、 仕掛けが手前マツリをしてしまう羽目となってしまった。
オマツリしたハリスを解きほごすのに集中していると、厳しい風とそれに伴う波、うねりで、結構舟には強いと自負していたワタクシが、 気持ち悪くなってくる。
しかも、皆が一斉に仕掛けを下ろしているのに、ワタクシはもぞもぞと手前マツリを解くのに一所懸命。
やっと仕掛けを投入と思ったときには、場所移動で仕掛けを回収。なんて漫画のようなことも起きたのである。

シドさんはメバル良型サバの一荷、 ちはるさんもアカイサキアジ、 ハルさんは本命黒ムツ。なーたんさんも良型サバ。 と次々と釣果を上げていくが、ワタクシは釣りになっていない。

手前マツリ=>仕掛け解き=>気持ち悪い=>釣れない=>うっぷ

この悪いスパイラルに入り込んでしまったワタクシは、結局のところFサビキでは、 ボウズ
その後、第二ラウンドの鬼カサゴへと突入したのである。

しかし聞いた話だと、Fサビキで お土産確保!その後はボウズ覚悟の大物! のはずなのに大丈夫か??

ここのポイントはFサビキ五目鬼カサゴ、 それにスルメヤリイカも狙えるとの事で、 みんな虎視眈々とイカ角を忍ばせてきていた(かく言うワタクシもちゃっかりイカ角持参!)のだが、あまりの風に恐れをなしてしまい、 誰もイカを狙うものは無かった。

今回の対鬼カサゴのエサは、船宿支給のサバ、 私が持ち込んだアナゴ、ちはるさんが持ち込んだイイダコである。
なーたんさん、唐揚げにしたの??
そして待望の本命、初アタリは、なーたんさんにやってきた。(^_^;)

ワタクシの仕掛けもなんだかびくびくと、気持ちの良い引きをしてくる。
『もしかして!!』と釣れ揚がってきたのは、残念ながら(?)見事なカサゴである。 兎にも角にもボウズは脱出。
そして強い引きこそ最初しか楽しめなかったが、柔らかな引きをしながら揚がってきたのは、 同じく良型のメバル
なんだかサカナ達が喰いだすと、現金なもので船酔いもコロっと直ってしまう。(笑)

そして何の気なしに、ちはるさんから貰ったイイダコを仕掛けに付けて投入。
それが功を奏したようで、ついに鬼カサゴと思しき強烈な引きとともにファイトが始まったのである。

「ググン」「ググン」「ググン」
水深150mの世界から一気に巻き上げる。 水深20mを切っても鬼カサゴだと同じ引きを楽しめると言う。
「ググン」「ググン」「ググン」
素手で口の中に指を突っ込んだら、鋭い歯で指が穴だらけの血まみれ、気をつけましょう。
おお。20メートルを切っても引いてくる!楽しい!! これが噂に聞く鬼カサゴの引きに間違いない!
そして無事タモに収まったのは、 イイダコに喰って来た1キロ強の良型鬼カサゴ!
やった!嬉しい!!

皆に「ちはるさんのイイダコに喰って来たよ!」と、声を掛ける。

何気に釣ってしまうハルさん!すごいよ!!そうして、隣のハルさんも「全然引かないから違うサカナかと思った!」と、 言いながら揚げたのは同じくイイダコに喰って来た良型の鬼カサゴ

ちはるさんは「私のところアタリがあって、ばらした途端にハルさんに喰った。 ホントはそのはわたしのよね!」
反対側に座っているなーたんさんは、「僕のところにアタリがあって、ばらした途端にハルさんに喰った。 ホントはそのは僕のよね!」
『オイオイ』と突っ込みを入れたくなりますが、二人同時に同じ事があるだなんて。不思議である。

そうして、徐々に風が弱まってきた11時に沖揚がりを迎えた。

「とくさんは何気に本命釣ってるよねぇ」
「とくさん、房総の海は相性いいよね!」 
確かに前回の『かもひら』 と言い、今回の『鬼カサゴ』と言い、良いサカナを釣らせてもらってるなぁ。
房総!今年は通わせていただきます。

【今回の船宿コメント】
**********************************************

午前は、フラッシャーサビキ五目~鬼カサゴのリレーへ出船。
ポイントに着くと、風強く釣り辛く苦戦。反応も薄く変わりが早く、風が吹いているので
反応探しきれませんでした。中型マサバ・大型アジ・小型クロムツ・大中型沖メバル
アカイサキと交じりでした。後半の鬼カサゴも、まだまだ風強くおまけに潮流れずと・・・
なんとか良型顔見れたという感じになってしまいました。

**********************************************
本日の釣果:カサゴ 28センチ、メバル 28センチ、鬼カサゴ 41センチ、 シドさんに頂いたマサバ】


【食し方】
当日

カサゴ 唐揚げ
メバル 煮つけ
鬼カサゴ 皮・胃・肝の湯引き
サバ 〆サバ

翌日

鬼カサゴ 薄作り刺身
しゃぶしゃぶ、鍋

釣り人やってて良かった。ホントウマイ!
鬼カサゴはサカナと言うよりも、甲殻系、エビカニの甘みとウマさがありますね。
ただただ至福のひと時でした。
鬼カサゴ、これからも狙っていきます。

|

« 1月28日の釣り徒然 | トップページ | 2月3日の釣り徒然 »

コメント

 お疲れ様でした。
節分前に「おに退治」出来てよかったですね。
往復の運転お疲れ様でした。又いきましょうね。

投稿: シド | 2005.02.01 00:27

鬼退治成功、おめでとうございます!!!
大きいのが釣れて良かったですね。(^-^)/

投稿: Zen | 2005.02.01 00:28

とくさんですか?トップの写真。
オメデトウございます。鬼カサゴ、いいですね。
鰭がお楽しみだと言うことで羨ましいです。
あくねさんで宴ですか?

投稿: Dan | 2005.02.01 00:28

いいなぁ、オニカサゴ。もう食べたのかな。
私のは帰ったら、一段と小さくなってました。
でも、マサバおいしかったもんねと負け惜しみを言っておく。

投稿: なーたん | 2005.02.01 00:29

シドさん>
ホント、鬼カサゴウマかった。
また近々行くよ!

Zenさん>
寒いのはキライとか、暖かくなったらもっとガンガンご一緒しましょうね。

Danさん>
はいな、ワタクシです。ちょいとメガネ変えたら悪者顔になってしまいました。
鰭はヒレ酒用にただ今乾燥中です!

なーたんさん>
マサバ、ウマかったね。
週末のイカ!頑張ってね!!

投稿: とく | 2005.02.01 00:51

鬼退治お見事でした!おめでとうございます。
40UPとは素晴らしいサイズですね。

投稿: ぐり | 2005.02.01 05:17

とくさん
鯖本当に美味しかったですよ。(泣)
〆鯖にして食べました
鰺は、たたきにして。
メバル、アカイサキは、煮付けにして
いただきました
又よろしく(._.)オジギ

投稿: ちはる | 2005.02.01 08:19

お疲れ様でした~
当日は夜明けまで西強風、午前中は北強風のヒジョ~にキビシ~条件だったようですね~
そんな中、オニGET(リベンジ)おめでとうございます!
バンディットは中深場の根魚では活躍できましたか~?(笑)

投稿: マッ黄ィー | 2005.02.01 11:44

お世話になりました~m(__)m
私も昨晩しゃぶ鍋?で戴きましたが、とても美味しかったです。
次回の召集を心待ちにしております!


投稿: ハル | 2005.02.01 11:49

鬼やっちゃいましたね。。。あんまり釣らないでください(^_^;)
出船時間におののいていましたが、夏はもっと早いですから~。あそこは、全員集まったら出船なんで、私と一緒の時は、出船1時間半前に来ていてください。
(私は寝坊する恐れあります)
集合4:30出船4:00ってことはよくあることですから~!わはは!

投稿: 姉御 | 2005.02.02 21:03

ぐりさん>
新年会で騒いだ甲斐がありました。
次回は小ぶりで良いので、数釣りがしたいです。

ちはるさん>
今回もお付き合いありがとうございました。
今度は、波崎のヒラメに付き合います!

マッ黄ィーさん>
明け方までは生暖かくて、その後冷たい風が吹いてました。
風速10メートル以上あったようですが、かえって小さい船のほうが風が強いとか。。
バンディット、ちと柔らかいですね。鬼、槍用の特注ロッドは未だ出来てきません。(泣)

ハルさん>
さて、次回は何でしょうね。
間際まで釣り物を決めないのも、ワクワクして楽しいですね。

姉御さん>
ホンマですかぁ??4時出船ってことは!?!?
ナルホド!だから前泊できる船宿さんが房総には多いんですね。
今度うまく利用します!!

投稿: とく | 2005.02.02 23:11

とくさん マイド!

オニカサゴのリベンジおめでとうございます。写真のオニカサゴがすごくきれいです。背景が薄汚れているからかな(ウソです)。

鍋はおいしいですね。私はちり鍋にしましたが何匹でも食べられそうでした。

寒い季節ですがおいしい魚を狙ってがんばりませう。

投稿: 入江 亨 | 2005.02.06 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リベンジ!鬼カサゴ:

» 1月30日リベンジ鬼! [ちはる釣り日記]
24日の新年会で とくさんが鬼退治リベンジするぞ~ と叫んでいる。 [続きを読む]

受信: 2005.02.01 11:16

« 1月28日の釣り徒然 | トップページ | 2月3日の釣り徒然 »