« それでも行くのか!寒アジ。 | トップページ | のんびりシロギス »

2005.03.18

初深場!狙うは大ムツ。

3月17日(木) 剣崎松輪 若松丸 大ムツ [小潮 雨 5℃<->16℃]
(ロッド) Aiプラス RONスペシャル-1  (リール) レンタル

昨年暮れに行われた「釣りバカ釣りキチ」 の合同忘年会。
200号+30号のオモリ負荷が掛かった状態。ちと柔らか目か?

 

 

 

 

 

 


その時紹介されたちょろ松さんのロッドメイキングに関する話を聞いているうちに、 機会があれば是非ともグラス無垢のロッドを作ってみたいと考えていたのである。
その後すぐさま、初ヤリイカで無念のロッド選択ミスを犯したワタクシは、 ついにちょろ松さんの主宰するカスタムロッド工房「Aiプラス」の門(!) を叩いた。


色々話をしているうちにヤリイカだけではなく、 オニカサゴキンメなどの深場も狙うことの出来る、 グラス無垢のブランク素材をベースにカスタムロッドを創っていただくこととなった。
銘は「RONスペシャル1号」。色は紺に紫、ガイドは金色と、ちと派手目な仕様となってしまったのだが、 非常にリーズナブルなお値段でお願いする事が出来た。

ちょうど年末年始をはさんだ事もあって、オニカサゴ退治には残念ながら間に合わなかったのだが、 2月半ば待望のカスタムロッドが出来上がってきた。
早く使いたいな、と機会を狙っていた時にタイミングよく、まるかつさんから連絡を頂いた。
ライトタックルで狙う深場の大ムツ仕立船を出すので一緒に行かないか。との事で、 やはり深場は初めてと言う、あくねオヤジを誘って、禁断の平日釣行、 禁断の深場釣りに出かけたのである。

船宿は剣崎松輪港の「若松丸」。普段は職漁船として活躍しているバリバリの釣り船である。
小雨でした。真冬だったらとても釣りになりません。ワタクシ深場の道具は持っておらず、ロッドと200号のオモリ以外は、 リールから仕掛けまで何から何まで、まるかつさんにお世話になる事となった。
曇天の松輪港を後にして、1時間半かけて向かった先は、沖の瀬の水深400m前後の深場である。
ポイントに着いた頃から雨が降り出し、厳しい条件となったが暖かく、海は凪いでいるのが救いだ。

1投目、ミヨシに座ったまるかつさんの仲間、いとうちゃんにキンメが2尾付いてきた。
これは幸先が良さそう。  と、思うも後が続かず。
強烈な2枚潮となってきた模様で、水深370mとアナウンスがあるにもかかわらず、道糸は450m以上出て行く。ひどい場所では、 600m以上道糸が吐き出される。
オモリが着底したら1-2m底を切ると事前に教えられていたのだが、まったく底が分からない。(泣)
少しでも潮の良いところを、と船はポイントを次から次へと移動するが、どこも同じような状況である。

まるかつさん曰く、
「この深さは東京タワーのてっぺんから、 地面の何十センチかのポイントに向かって釣りしてるようなものだもの、潮が悪いと大変なんだ。」
ナルホド!そう考えると、もの凄いイメージが湧いてきます。っていうか、高所恐怖症のワタクシは考えているうちに怖いものを感じてしまう。 ^_^;
これがトウジン、ちょいとグロいです。

あくねオヤジが「何か釣れた」。と釣り上げてきたのは、エイリアンのようなトウジンという深海魚。
このサカナが釣れる場所では、キンメもムツも釣れない。とすぐさまポイント移動。
これが「ギス」。大きな「キス」っぽい形。

ワタクシのロッドにも何か生体反応が出た。楽しみに仕掛けを揚げると、 残念ながらやはり外道のギスと呼ばれるサカナ。

その後も、潮の流れていないポイントに出くわしても、生体反応なし。まったく釣れる気配がない。
雨の降りすさむ中、またしても残念ながら沖揚がりを迎えた。

【今回の船宿コメント】
「ま、潮がハヤッペで○×▲◇???。」と、大船長からのコメント。(スミマセン、あまりにも早口の、剣崎漁師言葉でほとんど聞き取れず、 意味が分かりません。(笑))

何はともあれ、良い経験をした。なかなか深場の道具を揃えるのは難しいのだが、まるかつさんの提唱するライトタックル深場であれば、 肩肘張らずに挑戦できそうである。

本日の釣果:ギス×1 頂き物、トウジン×2】
あまりにキモイので、写真は無し(笑)

【食し方】

練り物にして、さつま揚げにすると最高にウマい。と聞いてはいたが面倒なので、鍋にぶち込みいただきました。
水っぽかったが結構味もあってウマかったです。

【仕掛けメモ】
まるかつさん特製、6本仕掛け。
オモリ200号、中オモリ30号
餌はフレッシュなイワシ、イカ。

|

« それでも行くのか!寒アジ。 | トップページ | のんびりシロギス »

コメント

ついに深場デビューですね~!
深場は潮具合命?で、潮況がヨイときは面白いように釣れるのですが、悪いときはサッパリで、博打的要素も大きいです、、、当日は悪い日に当たったようですね~(苦笑)

沖ノ瀬で水深400mまで攻めるのなら、200号の錘では釣り難かったと思います(同場所を狙っている三崎の乗合は300号の錘でやってます)
水深の1.5倍道糸が出てしまう状況だと、底ダチは誰だってわからないと思いますよ~(笑)

投稿: マッ黄ィー | 2005.03.18 14:10

せっかく来ていただいたのに厳しい釣りで申し訳けありませんでした。

雨には降られたもののナギで一見釣れそうな雰囲気はあったのですが、あの潮ではどうしようも無かったですね。
あのように潮が速くなると300号だろうが500号だろうが2kgの鉄筋でも手に負えません。まだ底に着いただけましでタコ揚げのように吹き上げられてしまう事も良くあります。

「あまりにキモイので、写真は無し(笑)」とありますが、思いっきり写真が出てるじゃありませんかぁ。

これに懲りずにまたのチャンスに挑戦してください。
次はオニカサゴかアコウをやろうと思っています。
よろしくです。

P.S なおチカちゃんならびに大久保君より座布団リベンジ2のオファーが来ていますね。

投稿: まるかつ | 2005.03.18 15:11

とうとう深場デビューしちゃいましたか、こんどはマイリールとか、おー、くわばらくわばら(ってお前何歳やねん)。
>> まるかつさん、
はじめまして、さっきちょこっとHP見せていただいたら 13日同じ船に乗っておられたんですね。私は右舷のミヨシに乗ってましたです。いや~、寒いし釣れないし参りました。今後ともよろしくです。

投稿: なーたん | 2005.03.18 18:58

マッ黄ィーさん>
>深場は潮具合命?で、潮況がヨイときは面白いように釣れるのです

ですってね、夢の3点、いや5点掛けを目指したいと考えてます。
26日は深場デート釣行ですよねぇ。うらやましい。

まうかつさん>
色々とご面倒をおかけしました。
船上で撮った写真は、雨の水滴でフィルターかかっててあまりキモク無いじゃないですか。
台所で見ると、家族はみんなのけぞってました。(爆)

PS.座布団にイサキ!キンメにムツ!!それにフグも行きたいし、鬼カサゴも喰いたい。うーーん困った。

なーたんさん>
マイリールね、怖いもの見たさでヤフオクウオッチ中です!(笑)
しかし、なーたんの「フーグー撃沈」と同じ時にマルカツさんも乗ってたんだ。
世間は狭いね。今度、ご一緒しましょうネ。

投稿: とく | 2005.03.19 00:01

ロッドまで作って深場までやって…
とくさん、ホント釣りJunkieですぅ(笑。

いつも感心しますがレポートの文脈が素晴らしく
読み手に手応えを与える作文で感心致します。
国語は"5"でしたね(笑。

ドラえもんを読みながら食事を待つお子様が憎い演出です(笑。

投稿: Dan@仕事中 | 2005.03.19 11:27

またまた、新ジャンルへの挑戦ですね(凄)
益々のご活躍&釣行記を楽しみにしてますね~!

投稿: ハル | 2005.03.19 12:19

ニューロッド、カッコイイーです!
次回のあくねで詳しく教えて下さい。

投稿: Zen | 2005.03.19 12:31

「深場」魅惑的な響きですぅ~
私もやってみたいです。

投稿: シド | 2005.03.22 09:36

Danさん>
いやいや、読むのは大好きなのですが、自分で書くのは大の苦手です。後で読み返すと恥ずかしい限りの文章です。
ドラえもん、良くぞ分かりましたね!さすがちびっ子を持ってらっしゃるだけありますね。(笑)

ハルさん>
いやいや、いつもハルさんが釣っている黒ムツが欲しかっただけなんです。
ムツ!食べたい。

Zenさん>
私も仕上がりの良さにビックリ!さすがプロのロッドメイキングは一味違います。

シドさん>
ヨシ!良くぞ言ってくれました。
次回は声をかけますからね。ご一緒しましょう。

投稿: とく | 2005.03.22 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初深場!狙うは大ムツ。:

« それでも行くのか!寒アジ。 | トップページ | のんびりシロギス »