« なぜかカングー | トップページ | 年年有魚 »

2005.12.24

釣りおさめはオニカサゴ

新造聡丸わはは忘年会に出席をした時、姉御さんから 「23日に聡丸でオニカサゴを釣りに行くけどどう?」と誘っていただいた。
よくよく聞くと聡丸では新造船が進水したばかりだという。


12月23日(金) 南房総太海 聡丸 フラッシャーサビキ五目&オニカサゴ [小潮 晴 0℃<->8℃]
(ロッド) シマノ バンディット TYPE IV S-210  (リール) ダイワ ハイパータナコン400BDe PE5号300m (同行者)姉御さん、オカシタ師匠、シャークさん、ちはるさん、Zenさん、ゆきさん、シドさん、えりさん


年初めに良い思いをさせてもらった相性の良い船宿で、さらに快適な船。本年最後の釣りおさめとしてオニカサゴを狙うこととしたのである。

ここのところの寒波の来襲で、日本中大荒れに荒れている日々が続いている。
前回も時化で中断してしまい、今回2ヶ月ぶりの釣りとなるため『何とか船を出してよ。』と天に祈る日々が続いた。
聡丸の掲示板やメールでは「新造船なんだから15メートルの風くらいでも船を出してくれ。 」「いやいや港近くの真鯛狙いなら20メートルくらいの風でも・・・ 」と、姉御と若船長のやり取りが続く。
確か前回聡丸に乗船した時も、大荒れの中での出船だったなぁと思いつつ、今回もアネロン片手に覚悟を決めて、オニカサゴと真鯛狙いの両方の仕掛けを携え太海に向かったのである。

港に到着し仕度を整えている間は、予報と違いそんなに風が吹いていない。
しかし寒い。真冬並みの防寒具を身にまといながら、仲間との釣り談義に話が弾む。
出船直前にオニカサゴ狙い決定との連絡を受け、いそいそと新造船に乗り込んだ。何から何まで新しく広い。本当にすばらしい船だ。
姉御さんの仕切りで、左舷側に入る。オオドモからえりさん、私、ゆきさん、ちはるさん、常連さん。である。

dscf03231

最初のフラッシャーサビキのポイントに入る頃には風もかなり強まり、かなり揺れが激しくなってしまった。
強風の中、今回は手前祭りすることなくフラッシャーサビキを底までおろすことができた。
しかし、肝心の黒ムツは気配が無い。その代わり、船中大型のマサバ、ゴマサバ、アジが顔を見せた。
左隣のえりさんは、あっという間に大型サバをツ抜け。右隣のゆきさんは可哀想に揺れに耐えかねキャビンでダウン。
私は大型のマサバゴマサバ、小さいキンメと、数は少ないながらもボウズを免れることができたのであった。

そしていよいよ本命オニカサゴタイムである。
たくさんサバを釣った(15本!)えりさんが1本餌用にとさばいてくれ、活きの良い餌を確保。それと特餌として持ち込んだイイダコの二点がけでまずは試してみる事とした。
しかし、船中沈黙したまま時間が過ぎていく。
そんな中、左舷ミヨシに座っていた常連さんが良形のオニカサゴを釣り揚げた。
「あんなの1本釣れれば御の字だよね」と、オカシタ師匠や姉御さんと話をしつつ気合を入れ直すこととしたのである。
その後は、餌の動きをイメージしながら誘いをいれて黙々と底を取り直す。
それが功を奏したのか、ググっとアタリが!しばらく喰いこませて合わせを入れる!!
うん!間違いなくかかっている。しかしなにやら重量感はあるのだが、あまり引く様子は無い。
首を傾げつつ150mの底からリールを巻き上げて行くと、途中で思い切り『グングングン』と引き込みが!それも何度も力強く引き込むではないか!!
やった。オニカサゴに間違いない。興奮を押し隠しながら若船長に声をかける。
そして海面に浮かび上がったオレンジ色の魚影を見て思わず驚きの声が周りから上がる!『で、でかい!!! 』
無事タモに収まったオニカサゴは今までに見 たことも無いサイズ。
そのあとは大騒ぎ、魚体のあちこちに見えるでかい毒針をハサミで切り取り、記念撮影。
ただただうれしい!クーラーからはみ出してます!!









エリちゃんにも良型サイズが
そんな中、今度はえりさんにアタリが!
こちらも良いサイズのオニカサゴ






Zenさんもお見事!
どうやらオニカサゴの時合いに突入したようだ 。
その後はバタバタバタと姉御さんも、Zenさんも見事な良型を釣り上げる。




さすが姉御さん。

姉御さんが見事な2本目を釣り揚げたあとは、残念ながらまたバタっと喰いがとまってしまった。





その後、沖揚がりまで何箇所もポイントを替えてくれたのだがアヤメカサゴが船中揚るばかりで肝心のオニカサゴは姿を見せる事が無かった。

今回もすばらしいポイントに連れて行ってくれた聡丸に感謝です!
ホント皆にも言われたのだが、2回が2回とも良型オニカサゴを釣らせてくれた聡丸とは相性がいいのであろう。
来年はもっと通わさせていただきます。m(_^_)m


【今回の船宿コメント】
フラッシャーサビキ五目~鬼カサゴのリレーへ出船。
前半のFサビキ五目は、いつものような反応あるのに食わない(ーー゛)
隣の船では良型のクロムツ何匹か出たそうです。明るくなってから
良型のアジ・サバ少々 餌ができたので8時頃から鬼カサゴへ。
こちらも潮が流れず苦戦でしたが、潮時だったのかバタバタっと大型あがってくれました。
0.5~2キロ 0~2匹 外道にユメカサゴ・アヤメカサゴ・大型マサバ交じりました。


本日の釣果:マサバ、ゴマサバ、キンメ、ユメカサゴ(リリース)、オニカサゴ 2キロ 49センチ、えりさんに頂いたマサバ、ゴマサバ】
満足満足









【食し方】

マサバのしめ鯖。
うーん絶品。すばらしい脂ののりと身の厚さ。こんなに美味いのならもっと真剣にサバを狙えば良かった。(^^ゞ

キンメ刺身。
身が甘いですね。でも小さくて少ししか身が取れなかった。残念!

オニカサゴ
熟成中。やっぱ鍋でしょう!(^^♪

【仕掛けメモ】
フラッシャーサビキ

聡丸謹製。
オモリ200号

オニカサゴ
・ハヤブサ
フロートタイプ鬼笠子遅潮。 (←これで釣れたよん)

・自作
ハリス8号、60+100センチ
ムツ針18号

オモリ150号

|

« なぜかカングー | トップページ | 年年有魚 »

コメント

お疲れ様でした
立派な鬼でオメデトウ御座います
私も、鬼つりた~~い
カングー可愛い車ですね。
来年もよろしくお願いします。m(_'_)m

投稿: ちはる | 2005.12.24 11:13

りっぱなオニカサゴですねぇ。
それにしても、必ず釣ってきますねぇ。
お見事です。

投稿: なーたん | 2005.12.24 11:43

デカオニ、おめでとう!
携帯に報告もらっていたけど、写真で見てデカさにビックリ!
とくさん、この1匹で今年の締めくくりは大満足だね。
この勢いを持続して、竿初めも大漁と行きましょう。

投稿: まるかつ | 2005.12.24 13:00

お世話になりました。
「挫折禁止」ってトイレに書いてあったけど、久々に挫折しちまった。帰りもぐっすり寝ちゃってごめんなさい。
とくさんに「釣れたよ」って声掛けてもらったから私もgetできたの。ありがとう♪
ちゃんと皮・胃袋・肝湯引きにしてポン酢ともみじおろしで頂きましたよん。おいしかった♪ d(⌒o⌒)b♪
新年会よろしくお願いします!

投稿: えり | 2005.12.24 13:23

昨日は、お疲れ様でした。
大荒れの中、船中最大の大鬼ゲット、おめでとうございます。
あんなにデカイのは、始めて見ましたよ。

投稿: Zen | 2005.12.24 16:34

す、すごい…
久々の釣行でこんなスゴイものを…
あやかりたい…
おめでとうございます!

忘年会はことごとく出席出来ず申し訳ありませんでした。
最近壊れてないので、新年会は、
ぜひよろしくお願い致します。。。


投稿: ino | 2005.12.24 18:10

ちはるさん>
ありがとうございます。
聡丸とはホント相性がいいようです。
でもフラッシャーサビキが駄目駄目なので、次回はクロムツを本命にがんばりたいです!

なーたんさん>
いやいや、釣った本人がビックリしてますからぁ!
今年はあまり釣りにいけなかったので、きっと天の神様からの恵みものに違いありません!!

まるかつさん>
年明けは酒蒸しで美味いサイズのオニカサゴをぜひとも沢山獲りたい!頑張りますからねぇ!

えりちゃん>
なんだか知らない人が見たら危ない関係と思われるようなコソばゆい(方言?)コメントいただきました。(^_^;)
来年もよろしくね!
新年会は桜新町で盛り上がりましょう!!

Zenさん>
いやいや、Zenさんの何気なく釣ってたオニも型は良かったですよね?
続けざまの2連荘でボウズ無しのほうがよほど凄いことですから!!

inoちゃん>
ありがとね。
なんだか今年の運を使い果たしてしまいました。って今年はもう終わりですからOKですけど。(笑)
来年こそ飲みに釣りにご一緒しましょうね!!

投稿: とく | 2005.12.24 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釣りおさめはオニカサゴ:

» 12月23日お祝聡丸 [ちはる釣り日記]
聡丸にお祝い釣行 Fサビキ&鬼カサゴ終わった後、一休で忘年会 で、海の荒れぐわ [続きを読む]

受信: 2005.12.24 11:10

« なぜかカングー | トップページ | 年年有魚 »