« 50,000カウント | トップページ | まだ見ぬカイワリ Ⅱ »

2006.02.05

節分も、もちろんオニカサゴ

見事な富士山前回逃したオニカサゴ節分にライトタックルで退治に行くって言う、 魅力的な誘いに今回も乗ってしまいました。
しかしもうひとつの目的はオキアミ餌で釣る、アマダイほか、高級外道です。


2月4日(土) 剣崎松輪 若松丸 オニカサゴ五目仕立 [中潮 曇り/晴 -2℃<->5℃]
(ロッド) ダイワ グラシック 30-270、リーディングXA73Ⅱ  (リール) ダイワ ハイパータナコン400BDe PE1.5号300m

(同行者)まるかつさん、いとうちゃん、あさしさんのぶさんあきらさんちはるさんかんこさん


まるかつさんをピックアップして港に到着したのはAM5:00過ぎ。
天気予報では次第に回復すると言っていた昨夜からの強風が、まだまだ残っていて厳しい1日の始まりを予感させた。
しかも寒い。外にすこし出ただけでもしびれるような寒さで体が言う事を聞かない。
集合時間に集まってきた今回の参加者全員で、船を出すかどうか協議を行い、あまりに風が強いようなら早上がりをするって事で、出船を決定。
海水なのに凍るって。。。 席順を決めるいつものくじ引きで前回同様、左舷ミョシを引き当てる。
強風の中のミヨシに一抹の不安をいだきながら、達磨のように防寒具を着込んでの出船である。
出船直後はなんとなく風も落ち着いてきたようで、ポイントへ向かっている最中にちはるさんとビールを飲みながら話が盛り上がるのだが、到着したポイントの周囲は大シケ。あたり一面ヒツジが飛び廻っている状態である。

今回は胴突き仕掛け+オキアミ餌でまず最初は五目釣りで遊ぼうと、長めのロッドで釣り始めたのだが、あまりの風と波。さらには寒さで手がカジカミ仕掛けが思うようにさばけない。
そうこうしている内に、オニカサゴの特えさ。念願(?)の新鮮なサバがこの仕掛けに喰ってきて、3本確保することができた。
その後、ショートロッドのリーディングXA73と天秤仕掛けに切り替え、オニ狙いに変更。
この頃から船のあまりの揺れで、久しぶりに気持ちが悪くなってきた。
こりゃまずい、と千葉の海では良くお世話になる、アネロンを取り出し飲み込む。
「いやぁーここで本命でも釣れたら、船酔いも収まるんだけどねぇ。」と、軽口を叩いているとき、うん?もっさりとしたアタリが!!
何だろ?と思いつつ巻き上げると、ぐーん!と、途中途中で気持ちよく引き込むではないか!

いやいや、嬉しいです。間違いないオニカサゴだ!そう確信した私は、 ライトタックルでの引きを愉しむ。
そして海面に浮かんできた赤 い影は、まぎれもないオニカサゴ

実は二度も三度もそうそう釣れる事も無いだろうと、今回は期待していなかったので、嬉しさが倍増である。
ほんと、自分で言うのも何なんだが、カサゴ類とは相性がいいようである。
その後、あまりの船の揺れで船酔いダウン者が続出。
まるかつさんの判断で、波が静かなアマダイポイントに移動する事になった。

ダブルでかかったのは、オスとメスのアカイサキだそうです。 到着後、アマダイ仕掛けに代えてオキアミ餌を放り込むと、 ヒメトラギス、 そしてそこそこサイズのアカイサキ
まるかつさんは なんとアカイサキのダブル!
これぞ、五目釣りの醍醐味だが本命の
アマダイはなかなか姿を現さない。
途中、かんこさんから
アマダイの誘い方を教わったのだが、小さなアタリすら遠のいてしまった。

その後、『そろそろ沖揚がりだよなぁ』、『底荒れしててアマダイなんていないんじゃないの』とか、船中あきらめが入ってきた頃、いとうさんにアタリ!
これは見事でした!まるかつさんから、アマダイに違いない!と檄が飛ぶ!!
そして揚がってきたのは何と50センチ級の見事な
アマダイ
いやいや私、本物ははじめて見ましたが綺麗なサカナですね。それに丸々太っていて見るからに美味そう。
周りからは「酒蒸しが美味い。」だの「昆布締めの刺身が美味い」だの、よだれの出てくるような話が次々と。
しかし、沖揚がり直前なのにあきらめず、まじめに誘い続けていたいとうさんにはホントアタマが下がります。


ふと気がつくと、海は嘘のようにナギていい天気に。
そして今度こそ
アマダイを釣ってやる!と心に誓い沖揚がりを向かえたのであった。


本日の釣果:オニカサゴ(37センチ、1キロ)、アカイサキ(30センチ)、ゴマサバ、ヒメ、トラギス】
あれ?赤いサカナばっかり。








【食し方】
オニカサゴ、アカイサキ:酒蒸し

まるかつさんに教わった、昆布敷き酒蒸しで美味しくいただきました。
後に残っただし汁が最高!いや、参りました。

【仕掛けメモ】
オニカサゴ
・ムツ針19号、ハリス6号、オモリ50号、しもりフローティング仕掛け。

アマダイ
・胴突き、3本仕掛け ハリス6号、オモリ50号
・ハヤブサ 市販仕掛け

|

« 50,000カウント | トップページ | まだ見ぬカイワリ Ⅱ »

コメント

お疲れ様でした~。なんだか体のあちこちが痛いです。
船が揺れるので体を支えていたからでしょうか?
またご一緒しましょう!

投稿: あさし | 2006.02.05 11:41

いつもながら送り迎えまでしていただき、ありがとうございました。本当にとくさんはオニと相性が良いみたいですね。
あのポイントは一日良いコンディションで出来れば、かなり楽しい思いができると思いますよ。
またリベンジですね!

投稿: まるかつ | 2006.02.05 14:52

極寒と大時化の中、お疲れ様でした!
ほんとに鬼との相性が良いですね!
あやかって、キビ団子は要りませんから鬼退治に同行したいです。(笑)

投稿: ぐり | 2006.02.05 20:33

昨日はお疲れさまでした
普段酔った事ないのですが撃沈寸前でした
今日とはうってかわって凪ぎの海でのんびり
リベンジしてきました
明日の晩の鬼鍋が楽しみなんです

投稿: かんこ | 2006.02.05 23:02

昨日の聡丸
2日続きで、体中筋肉痛ですぅ
イテテ、(笑

投稿: ちはる | 2006.02.06 08:34

あさしさん>
私も打ち身だらけ、何で?って感じですよね。

まるかつさん>
LTで釣り味を知ってしまうと、普通の仕掛けに戻れませんね。

ぐりさん>
次回こそご一緒しましょう!!

かんこさん>
オニ鍋に酒蒸し、数釣れた時は色々試せますね。

ちはるさん>
おいらもゾロゾロが食べたいよぉ。

投稿: とく | 2006.02.06 11:59

遅れましたがお疲れ様でした。
鬼カサゴとは本当に相性良いんですね。
またご一緒させてください。
昨日は癒しのはずの白キス行って返り討ち。
早く癒されたいですぅ

投稿: あきら | 2006.02.06 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節分も、もちろんオニカサゴ:

» 移動中 [あさし新聞]
心配だった風も今は落ち着き、ポイントへ向かっています。 [続きを読む]

受信: 2006.02.05 11:43

» 節分過ぎてオニは返り討ちに... [まるかつ釣り日誌〓]
釣行日 :2006/02/04 天候  :晴れ・大シケ 場所  :剣崎松輪 若松丸 ポイント:沖の瀬、イワドガケ 同行者 :いとうちゃん、とくさん、あさしさん、のぶさん、あきらさん、ちはるさん、かんこさん 【今日の獲物】 オニカサゴ(2)20〜23cm リリース アカイサキ(2)28〜37cm トラギス(8)18〜21cm ヒメ(2)23〜25cm ------------------------------------------------------------------ 前日の午後から風... [続きを読む]

受信: 2006.02.05 14:46

» 2月4日松輪 若松丸鬼カサゴ [ちはる釣り日記]
朝一港に集合 ど~しましょう?風がハンパじゃなく吹いてるし 寒い!寒い! まるか [続きを読む]

受信: 2006.02.05 15:35

« 50,000カウント | トップページ | まだ見ぬカイワリ Ⅱ »