« 節分も、もちろんオニカサゴ | トップページ | 大満足!じゅうたんガレイ »

2006.03.10

まだ見ぬカイワリ Ⅱ

仕事仲間と「釣り」をキーワードにある企画を立てている。
そんな企画の一環で、実際に沖釣りを体験したいと言う話が持ち上がった。
沖釣りは全く初めてと言うメンバーを、安心して連れて行けてお土産にも困らない船宿、釣り物は、と色々検討。
個人的にもリベンジしなければいけない釣り物もあるし、今回は大手を振って禁断の平日釣行も可能だし、って事でやっぱりこの船宿しかないでしょう、とサービス精神満載、初心者に優しい「椿丸」さんにお願いする事になったのである。


3月8日(水) 小坪 椿丸 カイワリ、アマダイ五目仕立 [小潮 晴 8℃<->19℃]
(ロッド) 通常:シマノ バンディット TYPE IV S-210 ライトタックル:リーディングXA73Ⅱ  (リール) 通常:ダイワ ハイパータナコン400BDe PE5号300m ライトタックル:ダイワ ラシード150SF早技 PE2号200m
(同行者)O野さん、S田さん、G籐さん、イノちゃん、K瀬さん、えりさん、かんこさん、あくねオヤジどの


せっかく仕立てにするのだから、平日釣行可能な人が居ればご一緒しませんか。と言う声に集まってきた釣り仲間と共に、小坪港へ集合したのは朝5時である。
椿丸さんでは、体ひとつで沖釣りOK。とうたい文句にもあるように、ロッドに電動リール、ロッドキーパーはもちろんの事、きちんとクリーニングされてビニール袋に入れられた合羽、長靴、そしてクーラーまで貸し出してくれるのだ。

ほんと気持ちの良い船長、中乗りさんと挨拶を交わして定時の7時出船。
最初は海も静かだったんですが・・ まずは城ヶ島沖のポイントを攻めて、 その後沖ノ瀬ポイントへ向かうとアナウンスがあった。
今日は20度近くまで気温が上がる春の陽気との予報。これで凪なら最高の釣り日和なのだが、案の定海に出ると南西の風が吹き始め、城ヶ島沖はうねりがひどい状態となっていた。
この時化で初挑戦メンバーのうち一人が竿を出す前に船酔いでダウン。
ポイントを何度か探るも海の状態が悪く、この後北風に変わるとの予報を聞いた船長の判断で、沖ノ瀬に向かうことになったのである。

私は今回左オオドモに入り、右オオドモに入ったあくねオヤジ殿と、よからぬ作戦を練っていた。
二本竿で通常タックルは置き竿にして底モノ狙い。もう一本はライトタックルでカイワリ、アマダイ狙い。
さっそく置き竿をセットし、ライトタックルでは底を探る事にした。

こちらも見事なアマダイ!お見事36センチ!









そんな中、左舷ミヨシに入ったえりさんがアッという間に36センチの「カイワリ」そして、えりさんの隣りに座った、やはり沖釣りビギナーS田さんが何と「アマダイ」を釣り揚げ、船中が盛り上がってきた。

こちらはでっぷり太ったカイワリ私の隣りに座っていたビギナーO野さんも見事な「カイワリ」が釣れ、船中あちこ ちで 「カイワリだ」 「タモ、タモ」という声が飛び交い始めた。
それに輪をかけるように船長の興奮した声が飛ぶ「はい、カイワリでました35センチ。 椿丸の貸し竿です!(笑)」「またまた出ました、カイワリ28 センチ!今度も椿丸の貸し竿です!!(笑)」うーん、プレッシャー。(^_^;)

しかし私の持ち込んだライトタックルの釣り味は最高に気持ちがいい。すごい引きでこれは本命だ!と釣り揚げるとウマヅラだったりレンコダイの一荷だったりするのがちと残念ではあるのだが。 (-_-;)

ついついこれでカイワリが釣れたらたまらんだろうな。 とアタマの中で妄想を膨らませるのだが、いかんせん手巻きリールなので手返しが非常に悪い。
やはりオキアミエサのコマセ釣りで水深100m手巻きは辛いと、通常タックルに変えた頃には、カイワリの時合いは過ぎたようで、船中ポツリポツリの状態になってしまった。
そして何故か私のところではアタリすら遠のいてしまった。
満面の笑み
後ろにいるあくねオヤジどのは4枚!ものカイワリを釣り揚げ、隣りのビギナーO野さんは、なんと二枚目のカイワリ。
ハッと気づくと船酔いダウン者以外でカイワリを釣っていないのは私だけ・・・・・。

この後、仕掛けを色々変えて試したり、タナを色々変えて探ったり。しかし焦れば焦るほどドンドン釣れないモードに陥り、自信喪失のまま沖揚がりとなってしまった。

大漁です! しかし、ビギナーズラックとはよく言ったものだ。 沖釣り初めてのO野さんは結果カイワリ、鬼カサゴ、赤イサキ、ウマヅラ、トラギス、沖メバル、 イワシ7目達成!
これでハマらないわけが無い。(^^♪

私は何とか4目。これで本命が釣れていたら五目だったのにな。とリベンジを誓いながら帰港したのである。

今回、残念ながら船酔いで釣りにならなかったG田さん。これに懲りず沖釣りにご一緒しましょう。今度は東京湾内のキスなんかでどうでしょうね。


【今回の船宿コメント】
カイワリ-21~36cm  0~4尾 ほか、アマダイ・レンコダイ・トゴットメバル・ウマズラなど多数まじりク-ラ-にぎやか!


【本日の釣果:レンコダイ×2、アカイサキ×2、ウマヅラ、沖メバル×5】
おかずには十分です!










【食し方】

沖メバル:煮つけ
レンコダイ:塩焼き
ウマヅラ:刺身肝合え
アカイサキ:昆布ジメ(熟成中)
あくねスペシャル盛り合わせ
平日釣行に行けなかった仲間が 「都立大あくね」にカイワリを食べに行く。っていうので私も悔しさ紛れに食べに行ってきました。 (^_^;)

カイワリ旨い!!
うーん。感動のお味!!



【仕掛けメモ】

船宿仕掛け、秘密バリ仕掛け、その他多数・・・。

|

« 節分も、もちろんオニカサゴ | トップページ | 大満足!じゅうたんガレイ »

コメント

とくさんも、釣りの後に飲み屋さんで飲んでしまいましたね。
カイワリは本当に美味しかったです。
リベンジする時は連絡して下さい。

投稿: Zen | 2006.03.10 19:16

とくさん、お疲れ様でした。
「スケベ心を出して失敗。」のメールの意味が
分かりましたよ。
初めて一緒にオニに言ったときの事、覚えてる?
「置き竿で2本出してでは魚に失礼でしょ。」って
言った事。
次はきっと釣れるよ!!一緒に行きましょう!!

投稿: まるかつ | 2006.03.10 20:52

Zenさん>
釣行帰りの飲み会が、あんなにハイテンションになるなんて知りませんでした。

まるかつさん>
・・・言葉がありません。
次回は「金鯵ツアー」にもぐりこんで雪辱戦を果たします。

投稿: とく | 2006.03.11 05:21

カイワリリベンジ頑張ってください
私は「あくね」で口を開けて、留守番してます(笑

投稿: ちはる | 2006.03.11 06:52

 ゲストが釣れてこそ開催者の喜びのはずなんですが釣りはそういうわけにゃー行きませんよね。次回私も金アジに潜り込む計画中(笑 です。

投稿: シド | 2006.03.11 19:58

浮気はいけません きっぱり・・・
私のもプロに捌いてもらえばよかったな・・・
でも美味しかったですヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪
次回は頑張りましょう

投稿: かんこ | 2006.03.11 20:56

ちはるさん>
塩焼きも旨いそうです。刺身に飽きたといってみたい私。

シドちゃん>
じゃぁ、一緒に行けそうですね。がんばりましょう。

かんこさん>
はい、深く反省中です。
次回はカイワリ一本で行きます!!

投稿: とく | 2006.03.12 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだ見ぬカイワリ Ⅱ:

» 3月8日あくね [ちはる釣り日記]
とくさん仕立てで、椿丸へ行った、「あくね」のマスター カイワリを釣りそれを頂きに [続きを読む]

受信: 2006.03.11 12:54

« 節分も、もちろんオニカサゴ | トップページ | 大満足!じゅうたんガレイ »