« 思い立って浅場ムラソイ | トップページ | 新島日帰り遠征!シマアジゲットだぜ!! »

2006.07.30

またも驚愕の結果!来島海峡2!!

朝もやにけむる赤灯台。父が亡くなってまる10年となる。
少し早い夏休みを兼ねて10周忌を執り行うため、今回久しぶりに四国今治へ帰省したのであった。

そして翌日早朝、大の釣り好きだった父の追悼をかねて、ムスメとともに来島海峡へと繰り出したのである。

 


7月24日(月) 今治大浜港 菊丸 五目釣り [大潮 曇り/雨 21℃<->30℃]
(ロッド)ダイワ リーディングXA73Ⅱ (リール)ダイワ ラシード150SF早技 PE2号100m

【同行者】
ムスメ。妹。ユキ兄(船頭)


 

 

前回同様、 今治で割烹を営む妹にお願いをして大浜港から菊丸にお世話になる事となった。

いつもならもうしっかり梅雨明けしていてもおかしくないにも関わらず、本年は記録的な大雨となっている四国地方。
前日までも大雨で、天候によっては靄がひどくて船が出せないかもしれないと言われていたのだが、朝起きてみると曇り、 無風の格好の釣り日和となっているではないか。

今回もお世話になった菊丸出船は5時と言うことで、妹夫婦に迎えに来てもらい向かったのは大浜港。
港にはすでに菊丸が準備を終えて、出迎えてくれていたのである。
今回は瀬戸内でのノンビリとした船釣りを楽しませてやろうと、ムスメも同行することとなった。


前回は手釣りであったが、ライトタックルでの釣り味もたまらな船中、こんな感じです。く楽しいだろうな。と言うことで、今回はロッド、リールを提げてでの乗船である。

ムスメ、妹は手釣りでのチャレンジ。なんせ大名船であるから、仕掛の準備、交換からトラブル時の対応まで、 船頭さんがすべて面倒を見てくれるので、非常に楽チンなのだ。
結構この体勢が辛いのです。
最初のポイントは、港を出てすぐ。水深15m前後の所である。
胴付き仕掛に活きエビ餌を付けて放り込む。
そもそも、座布団に座って手釣りで釣る、天幕のついた 船である事から、長いロッドは非常に取り扱いが面倒である。
ムスメのほうは最初に道糸の手繰り方、仕掛の扱い方を教えてあげると、おっかなびっくりながらも一応釣りの形にはなっているようである。

今回の本命は来島海峡の『ギザミキュウセン)』 『ホゴカサゴ)』 そして、大本命の『アコウキジハタ)』。
本命ギザミです!ポツポツとホゴが釣れる中、 時おり良い型の青ギザミが混じる。前回も ギザミが獲れなくなったと嘆いていたが、最近はもっと数が少なくなったとの事で、 市場にもなかなか顔を見せないらしい。

真偽のほどは定かではないが、「大橋が出来たからだ。」とか、「水温が以前から上がったからだ。」とか言われているようである。
関東では嫌われ者のこのギザミ。 型のいいのは刺身で、まぁまぁの型は炙った後に酢で漬けた、南蛮漬けで食べると、目からウロコが落ちるほど旨いサカナなのだ。 (でもやっぱり、来島海峡産に限るけどね。)

時おり雨が落ちる中、のんびり釣っている時にふと見たムスメの様子がどうもおかしい。
何だか歯を食いしばって道糸を手繰り寄せている。「どうしたの?」と聞くと、「うーん、なんか釣れたみたいだけど重い」「???」 と水面を見守っていると。
重いとほざくムスメ。浮かび上がった小豆色の影がゆらりと、、、しかも、、、、デカイ
「おおぉぉ、アコウだ、デカイ!!タモ!タモ!」もう、船中みんな大興奮 で大騒ぎである。

慎重に無事玉網入れしたアコウを見て船頭が「デカイの釣りよったなぁ。 こんなんは年に何本も獲れんぞ。」と空いた口がふさがらない様子。
本人は事の重大さもあまり分かっておらず、キョトンとした表情。いやいや、ホント参りました。
ちびですがアコウです。
そして、私にもついにその時が。。「あれ?これアコウや。」
 はい大本命のアコウを釣ってしまいました。しかし小さい。。。
そしてその後も「また釣れたぞ、ちびアコウや」
で、また「やったついにレギュラーサイズ!アコウゲット!!」

うーん、嬉しいのは嬉しいのですが、ムスメのを見ちゃった後にコレでは。うーん複雑な気持ち。。。

その後は、ホゴの数釣り、タマにギザミ交じりとまたマッタリとした時が流れて行く。
途中、昼飯用の天然マダイを仕入れに行ったり、トイレ休憩で馬島の港に寄ったりしながらポイントを移動し、来島海峡大橋の真下でお楽しみの船上昼食タイム。
 「コドモが釣ったんや」と自慢げに見せびらかす船頭。(笑)
海に浮かんだイケスから天然マダイを分けてもらう。

 

 

 

 

昼食用の真鯛

昼食用のタコ

 








メニューは天然マダイタコの炊き込みご飯。ゆでタコ。ホゴ汁。
残ったゴハンは持ち帰りです。 旨くて当たり前。








最期にもう1匹アコウ釣りたいね。 なんて言った矢先にまたしてもムスメがレギュラーサイズを追加。
これでも十分な型なんです。 コブダイです。







そして私はモブシ(コブダイ) を追加。
馬島沿いの沖合いでは、船頭もレギュラーサイズながらもアコウを3匹ゲット。
3時の沖揚がりまでのんびり過ごすことが出来たのである。

お見事! 「今回のデカアコウはきっと祖父ちゃんが釣らせてくれたんだね。 」と ムスメと話ながら帰港したのであった。

サイズを計ると48センチ、1.5k!
お見事でした。

 


 

【今回の船宿コメント】
「よぉ釣ったのぉ、良かった良かった。」

【本日の釣果:アコウ×3 (15~25センチ)、アオギザミ×4、アカギザミ×1、モブシ×1、ホゴ多数】
集合写真撮り忘れました。

【食し方】
刺身、唐揚げ、煮付けで大宴会。
アコウ、マダイ、モブシ刺身 大宴会








|

« 思い立って浅場ムラソイ | トップページ | 新島日帰り遠征!シマアジゲットだぜ!! »

コメント

すばらすい釣果で(笑
明日が楽しみです~~
お嬢さんが立派な釣り師になる事を
願っております。
私は、べらは捨てますぅ。

投稿: ちはる | 2006.07.30 08:19

良かった良かった!
ほのぼのとした雰囲気が物凄く伝わってきますよ。
本当に良かったのぉ!

投稿: まるかつ | 2006.07.30 09:00

 いつも、娘さんはでかいのを釣りますねぇ。今度、遠征行くならついてきてもらえば、でかいの釣ってくれるかも。

投稿: なーたん | 2006.07.30 17:26

ちはるさん>
莉乃ちゃんもぜひ今から特訓のほど!
明日はギザミを食べてみてね。

まるかつさん>
機会があればぜひ来島海峡へ。
小魚主体ですが、面白いですよ。

なーたん>
ホント遠征にでも連れて行って、モロコでも狙わせようかしら。。。
やはり、無欲、殺気の無さ。がキーワードのようですよ。(笑)

投稿: とく | 2006.07.30 22:08

 楽しそうな様子がうかがえますね。
「釣りたい場所」の上位に入れときます(笑
アコウはうらやましすぎです。

投稿: シド | 2006.07.31 09:16

シドちゃん>
ぜひ仕事で四国に行った時には立ち寄ってください。
手釣りも面白いよ。

投稿: とく | 2006.07.31 15:54

すご~い、釣一家になんですね!美味しそうなお刺身、食べてぇ~。愛車も素敵ですね。こんなの見たことありません。私も910x1820mmの板がラクラク積めるという条件で今の車(ワゴン)に乗っているのですが、これもそのくらいの板は乗りますかね?(さすがに無理かな・・・?)

投稿: Doodlin' | 2006.08.04 15:34

Doodlin'さん>
ものすごーく御無沙汰してます。
現在、釣りにハマりつつあるのは次女と長男で、オクさん、長女はまず船酔いを直さない限り、一生船釣りとは縁が無さそうです。(笑)
ご質問のクルマは、ルノーカングーと言う仏製商用車ベースのもので、天井裏にキャリアを付けると2.1mの釣りロッドがそのまま載せられるという、見た目以上に抜群の積載量を誇っています。
ここに現モデルのHPがあるので御参考まで!
http://www.renault.jp/kangoo/index.cfm

ブログのほうも遊びに行かせていただきますので、今後ともヨロシクです。 m(_^_)m

投稿: とく | 2006.08.04 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またも驚愕の結果!来島海峡2!!:

« 思い立って浅場ムラソイ | トップページ | 新島日帰り遠征!シマアジゲットだぜ!! »